高知県のことをやっていたチャンネルを見たりした

19年月くらいからプログラムされていた、種類テレビ局を見ました。最初は、高知県内に行っていました。いの街という企業でした。今回は、和紙でした。和紙で作ったものを展示して要る企業もあるみたいです。土佐和紙というものは、丈夫な和紙みたいです。そこで和紙で作った、用紙完全の舟で川下りをしていました。一から人たちで舟を作っていました。しかし、激流で沈没していました。そして、実習をしました。ぶりなどについて実習しました。海陸ぶりは、海面と陸地のお日様リザーブの変更によって生じます。夜間、陸は冷えて高圧部になり、陸から海にぶりが吹く。昼間、陸は暖められて低圧部になり海から陸に、ぶりが吹く。季節風や高気圧・低気圧による風の影響が少ないときは、そういう限られた部門に時間的にみてお家芸のいらっしゃるぶりが吹く。これを局地ぶりといいます。昼間、谷から山頂に向かって吹く谷風、夜間に山頂から谷に向かって吹く山風も毎日をローテーションとした局地ぶりだ。http://nyota.co/musee-vio/